写真1

ここが売り!①
中継輸送車両 リレーライナー®

●味の素物流の中継輸送の取り組み
①トレーラ版中継地点を当社の静岡営業所に設け、トレーラシャーシを交換しその日のうちに発地に戻る運行で、ドライバーの日帰り運行を可能にし、不規則な就業体系や車中泊・長時間勤務を解消することができ、ドライバーが働きやすい労働環境を生み出します。
当社では女性ドライバーも活躍しています。
味の素物流では、2015年8月より三重営業所⇔久喜営業所でトレーラを活用した中継輸送を開始しました。
2015年6月に公布された道路法等の一部を改正する法律にいち早く対応した車両で、トレーラの長さを12メートルから13メートルに引き上げたスペックの高い規制緩和車両であることが特徴です。
これにより大型車のパレット積載枚数16枚に対し、24枚のパレット積載が可能となり、輸送効率を飛躍的に高めています。
2017年3月には鈴鹿営業所⇔尾島営業所で2台目の「リレーライナー®」を運行し、長距離運行をなくす取り組みを進めています。

中継拠点の仕組み

写真2

ここが売り!①
中継輸送車両 リレーライナー®

●味の素物流の中継輸送の取り組み
②トラック版2017年6月より大型トラックを活用した中継輸送を開始しました。
トレーラ版とは違い、中継地点でドライバーが車両を乗り換える「ドライバー交替方式」を採用しています。
中継地点を上下線が同じ敷地内にある高速道路のパーキングエリアに設けることで乗務員の拘束時間をさらに抑えることができ、長距離運行のドライバー不足の要因でもある労働環境の改善を図っています。
リレーライナーの経路

写真3

ここが売り!②
鉄道輸送用コンテナ 「レールライナー®」

●味の素物流のモーダルシフトの取り組み①
味の素物流では2014年6月以降、500km以上の長距離輸送は「モーダルシフト」を推進し、2016年3月には鉄道輸送用31ftコンテナの自社化運用を開始しました。さらに、貨物ターミナル駅⇔営業所を結ぶ集配車両を自社化することで、集配車両不足への対応強化も図っています。
この専用コンテナと集配車両を当社では「レールライナー®」と称し、関東⇔関西⇔九州を結んでいます。
本コンテナはウィング側面一体構造(折り曲げ式フルウィング)となっており、上下ウィングパネルを一体化したことにより側面を全て解放でき、スピーディで効率的な荷役作業を行えるのが特徴です。この取り組みを始めとするモーダルシフトの取り組みにおいて「グリーン物流パートナーシップ会議」で2014年に「経済産業省商務流通保管審議官賞」と2016年に「国土交通大臣表彰」を受賞しました。鉄道輸送を利用することで、近年の長距離トラックドライバー不足問題への対応とCO2排出量の削減など環境に配慮した物流にシフトすることを目的にしています。
写真

写真4

ここが売り!③
海上輸送 「エコシップマーク」 ~環境負荷低減の取り組み~

●味の素物流のモーダルシフトの取り組み②
味の素物流では、関東地区⇔北海道地区、関西地区、九州地区や関西地区⇔北海道地区、九州地区など輸送距離が500㎞以上の長距離区間は輸送手段として、船舶や鉄道を利用しています。
この取り組みの中で、海上輸送において2014年度に「エコシップ・モーダルシフト事業優良事業者」に選ばれ、さらに2014年から2016年まで3年連続で「国土交通省海事局長表彰」を受賞しました。海上輸送は一度に大量輸送ができるほか、船舶による海上輸送とトレーラによる陸上輸送を組み合わせ、環境負荷の低減と地球温暖化の抑止に貢献しています。

写真
写真5

ここが売り!④
青果物輸送 「東西ゲートウェイ間輸送」

●味の素物流の青果物輸送の取り組み
近年、青果物輸送においてもドライバー不足などの問題が顕著になっている中、味の素物流では2016年10月より青果物における「東西ゲートウェイ間輸送」の取り組みを開始しました。
東エリアから大阪、西エリアから東京へ複数の車両で個別に輸送されていた青果物を、東京と大阪で積み替えを行い東京⇔大阪を1台のトラックで往復運行することで、積載率の向上やCO2排出量の削減、さらに空車回送や待機時間などドライバーの労働環境の改善に貢献しています。この取り組みは、2017年6月に国土交通省及び農林水産省より「輸送網集約事業」としては初めて「総合効率化計画」として 認定を受けました。
ゲートウェイ
●ゲートウェイの効果

  • ① 産地からゲートウェイまでの距離を短縮することで、生産者側の負担を軽減
  • ② 計画的な輸送により安定的に輸送力を確保できる
  • ③ 幹線輸送の省力化・効率化
写真
写真6

ここが売り!⑤
医薬品輸送 「新型二室空調車両」

●新型二室空調車両の開発
医薬品輸送業務を担う厚木営業所では、ドライバー不足問題に対応した新型の完全二室空調車両を自動車メーカーと共同開発し、特許を出願しました。
この車両は複数の荷主様の荷物との共同配送ができることが最大の特徴です。
前後空間の空気の流れを完全に遮断し、各荷室の衛生状態を個別に管理ができる仕組みで、高品質な輸送をご提供します。

写真