ニュースリリース

味の素物流グループ初導入! 冷凍バンセミトレーラの運行を開始

2017.10.03 Tue お知らせ

 10月2日(火)より冷凍バンセミトレーラの運行が始まりました。味の素物流グループでは冷凍用トレーラの導入は今回が初めてとなります。

 冷凍トレーラの導入の主な目的は「パレット輸送化」による労働環境の改善です。常温品においてはパレット輸送が一般的ですが、低温品では手積み・手卸しが主流となっています。トレーラ化によってパレット輸送を導入することで身体的負担を軽減し、近年のトラックドライバー不足の改善に繋げていくことを目的にしています。

 この冷凍トレーラは規制緩和に対応し、スペックの高い車両であることも特徴です。従来大型トラックで行っていた輸送区間にトレーラを導入し、一度に運べる輸送量を上げることで輸送効率を図れるというメリットもあります。また、トレーラに切り替えることで従来運行していた10トン車は他の業務で活用することが可能となり、車両の有効活用を図ります。

 導入した4台の冷凍トレーラのうち、2台は当社の関宿低温営業所⇔メーカー工場間の生産在庫移動用として活用し、2台は営業所⇔営業所間など用途に合わせて活用してまいります。

 低温業界でパレット化を推進するための課題はありますが、将来的には常温品で取り組んでいる中継輸送の冷凍版「リレーライナー®」の検討を行います。

IMG_2231