ニュースリリース

改正物流総合効率化法に基づく総合効率化計画に認定されました

2017.06.15 Thu お知らせ

 味の素物流株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:田中宏幸)は、2016年10月より開始しました青果物輸送において、昨年10月に改正された「物流総合効率化法」に基づき、国土交通省及び農林水産省より大果大阪青果㈱、東京促成成果㈱と共同で「総合効率化計画」として認定を受けました。

認定を受けたのは以下の事例となります。
(1)青果物の東西ゲートウェイ間幹線輸送
   各産地から卸売市場までそれぞれ車両手配を行っていましたが、東西の市場内に「ゲートウェイ」という青果物を集約する
   基地を設け、ゲートウェイ間をトラックでラウンド運行します。青果物の幹線輸送を集約することで使用する車輛の台数を 
   減らし、CO2排出量を削減できるほか、ドライバーの運転時間削減による省力化を実現

ゲートウェイ図

味の素物流では、今後も様々な取り組みを実施することで省人化や環境負荷の低減を実現し、物流生産性の向上に取り組んでまいります。